家庭菜園

スポンサーリンク
家庭菜園

水耕栽培にはLEDは必要?LEDを使った感想

家庭菜園を楽しむ方法の1つに水耕栽培があります。室内で植物を栽培できるので簡単に始められます。ただ、植物の成長に欠かせない日光は、天気に左右されるため安定しません。そこでLEDを水耕栽培に導入してみました。そこで分かったメリットやデメリット、電気代について紹介します。
家庭菜園

野菜の室内栽培は水耕栽培がおすすめ

新鮮な野菜は美味しいですよね^^冬は特に葉物野菜が高くなり、家計に響きます。そんな時、自分で、しかも室内で野菜が簡単に栽培出来たら嬉しいですよね。今回は誰でも簡単に室内でサンチュをはじめとした葉物野菜が簡単に作れる水耕栽培をご紹介します。
家庭菜園

【植物への活力】メネデールは挿し芽挿し木にも効く!

挿し芽や挿し木を成功させたいと思ったら、メネデールの利用がおすすめです。メネデールは植物活力素なので、何度でも利用できます。また、弱った植物を元気にする効果も期待できるため1本持っていると便利です。
家庭菜園

【3か月後】摘心、蕾つみを続けて育ったペチュニアのその後

以前に紹介した摘心(ピンチ)や花摘み/蕾摘み、肥料を与えることで植物の株を大きくすることができます。実際にどのくらい大きくなるのかをペチュニアで実践した結果、メーカー苗でなくとも大きく生長させることができました。その具体的な内容を紹介します。
家庭菜園

【肥料って必要?】園芸で忘れがちな肥料の話

植物を大きくしたい! 花をたくさん咲かせたい! 実を一杯つけたい! そんな風に思ったら肥料を少しだけ考えてみませんか?今回は、目的に合った肥料の選び方について簡単に紹介していきます。葉を大きくする肥料、花を咲きやすくする肥料、根を大きくする肥料などがあります。
家庭菜園

【園芸初心者ならコレ!】最初の観葉植物はサンセベリアがおすすめな理由

園芸初心者の方に特におすすめしたいのが、サンセベリア(サンスベリア)です。というのも、植物の管理がとっても楽で、水やりは月に1回で十分です。仮に水やりを忘れても乾燥に強いので問題ありません。NASA空気清浄研究によりサンセベリアには空気清浄効果も確認されており、室内環境を整えるのにもメリットがあります。
家庭菜園

【ストレス軽減?!】初心者こそやりたい緑のある生活

みなさんは植物のある生活っていいと思いませんか?私は小さい頃から観葉植物や家庭菜園のある生活を送ってきました。植物にはストレスを軽減する効果があると言われています。そこで今回は、初心者の方向けに植物を生活に取り入れる簡単な方法について観葉植物と家庭菜園の方法を紹介します。
家庭菜園

株を大きくするには花を摘もう!摘心もおすすめ!

植物を大きく育てたい!株を大きくしたい!と思った方は、花の蕾を取りましょう。苗が小さいときには、植物が成長するのにエネルギーが必要ですが、小さい苗の時に花を咲かせたり、種をつけてしまうと大きく成長できません。その理由について詳しく説明しています。
家庭菜園

【プランター栽培】水はけをよくするなら赤玉土を混ぜよう

培養土単体で使っても水はけが良いとは限りません。今ある培養土を水はけを良くするには、赤玉土や鹿沼土を混ぜると効果的です。酸性を好む植物なら鹿沼土を、それ以外なら赤玉土を培養土に混ぜるのが効果的です。では、なぜ赤玉土や培養土を混ぜると水はけが良くなるのかを具体的に紹介します。
家庭菜園

【失敗しない?!】挿し芽、挿し木を成功させる方法

挿し芽、挿し木を成功させるにはいくつかポイントがあります。その1つに一般の培養土を使用せず、専用の土を使うことです。また、挿し芽、挿し木には若い茎や枝を使い、発根促進剤であるメネデールやルートンを使うと効果的です。ぜひ挿し芽、挿し木で好きな植物を増やしてみませんか?
家庭菜園

【なるほど!】摘心(ピンチ)や挿し芽、挿し木で分かったこと

植物を大きくして花を咲かせたり実を多くとりたいと思いませんか?そんな時は、摘心(ピンチ)で成長を促し、挿し芽、挿し木で植物自体を増やすことができます。摘心をせずに草花がちょっとだけ花を咲かせて終わり、なんてことも家庭菜園ではよくあります。今度からは大きく咲かせていきましょう。
家庭菜園

【意外と簡単?!】家庭菜園でいちごに挑戦するときの注意点!

家庭菜園でいちごに挑戦して、何を気を付けるべきかをまとめました。プランターで植える際に工夫するのは、土や肥料、土表面の処理です。元肥として肥料を使う場合と、追肥として使う場合を使い分けて、美味しい実になるようにしましょう!病害虫が発生したら早いうちに農薬散布が必要ですね。
スポンサーリンク
テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました