【初心者ブロガー必見】WordPressで使うドメイン取得する簡単な方法

wordpress
この記事は約7分で読めます。

 こんにちは、なぎ(@lifenagi)です^^

WordPressでブログを始めたいのに、何を準備すればいいのかわからない
そんな悩みはありませんか?
アフィリエイトやGoogleアドセンスを自由に設定でき、ブログ自体のデザインも自分の好きにできる!
しかも、WordPressならSEOにも強いデザインが無料・有料ともに提供されています。

私もWordPressを始めるのに最初は何を準備すればいいのかサッパリわからず、色々なサイトを調べ回った経験があります^^
今回はWordPressを始めるために必要な、ドメインの取得方法について紹介します!
分かってしまえばとても簡単ですので、ぜひ読み進めてくださいね^^

WordPressを本格的に使っていこうと既に考えている方で、レンタルサーバを悩んでいる方はこちらの記事がおススメです^^
このブログを運営しているレンタルサーバのmixhostについて記事にしたものです。
良かったらご覧くださいね

今回の記事をまとめると、このようになります。

見出し
  • ドメインとは、ブログの住所のようなもの
  • ドメインを取得するには基本的に費用がかかる
  • ドメインは、お名前ドットコムで取得するのが簡単で安い
スポンサーリンク

WordPressにはドメインなるものが必要??

そもそもドメインって何?
という話です。

ドメインとは、ブログやホームページの住所のようなものです!
これが無いと、ブログにもホームページにもたどり着くことができず、せっかく作っても誰も訪れない無意味なものになります。
○○.comや○○.co.jp、○○.net というものがドメインになります。
※○○の部分は、自分で任意の文字を設定
私の場合だと、『lifenagi.hatenablog.com』というのがドメインになります^^

では、ドメインってどこで手に入るのでしょうか?
それは、ドメインを売っているサイトから購入することになります。
そしてドメインを売っているサイトは数多くあります^^;
ここで注意なのが、『独自ドメイン』と『サブドメイン』です。

独自ドメインとサブドメインの違いって??

独自ドメインサブドメインは、大きく違うため注意が必要です^^;

自ドメインとは、どのレンタルサーバを利用しても使えるドメインです。
一方、サブドメインは、サブドメインを買ったレンタルサーバ限定で使えるドメインです。

何が違うかというと、どこでも使えるドメインか使えるレンタルサーバが限定されているかということ。

どこでも使えるドメインなら、レンタルサーバに不満がある(表示速度が遅い、料金が高い、管理画面が見にくいなど)場合、別のレンタルサーバに同じドメイン名で引っ越すことができます!

でも、サブドメインの場合は、レンタルサーバに不満があっても同じドメイン名で別のレンタルサーバに引っ越すことはできません >_<
別のドメイン名に変わってしまいます!
せっかく育てたブログが別のドメイン名になると、Googleの検索順位が変わります
引っ越し前の検索順位に戻ってくるには時間がかかりますし、そもそも戻ってこれるかどうかもわかりません^^;

サブドメインでは、○○.comや○○.netの『com』や『net』の部分が見たこと無いモノ(『○○.mokuren.ne.jpや○○.sakuratan.com』のようなものになり、読み手が不安に覚えることがあるそう。
そのため、長くブログを続ける予定なら独自ドメインが良いそうです。
(参考:独自ドメイン、サブドメインの違いとメリット、デメリット

サブドメイン利用時のリスクを考える

サブドメインは、レンタルサーバを借りる際に、無料で提供される場合が多いです。
そのため、取得が簡単で、いつまでも無料で利用できます。
しかし、サブドメインの場合は、以下の場合にブログが見れなくなる可能性があります

  • レンタルサーバの運営会社が、レンタルサーバのサービスをやめる場合
  • 運営会社が自分のブログを何らかの理由で凍結する場合

このような場合、サブドメインの場合は、同じドメインでアクセスすることは困難となります。

一方、独自ドメインの場合は、ブログのデータがレンタルサーバにありますが、ドメイン自体は自分で取得したものになります。
そのため、もしレンタルサーバの運営会社がレンタルサーバのサービスをやめても、他のレンタルサーバにブログデータを移管すれば、今までと同じドメインで利用できます。
同じドメインが使えれば、Google検索の表示順位が変わることもなく、トラブルに強いブログ運営ができます^^

おすすめは独自ドメイン!

迷ったら独自ドメインを取得するのがおすすめです!
年間の費用がかかってしまいますが、どこでも使える独自ドメインは読み手に覚えやすく、ちょっとだけSEOにも効果があると言われています^^

サブドメインでは、他の方のサイトが自分にも影響します^^;
例えば、私のドメイン名は『lifenagi.hatenablog.com』ですが、『lifenagiYabai.hatenablog.com(架空のドメイン名です)』が評判の悪いブログを運営していた場合、同じ『hatenablog.com』という理由から、私のブログの評価も下がります >_<
Google 検索で上位に表示されにくくなる、ということですね。
そんな状況が起こりえるのがサブドメインです >_<
(参考:独自ドメインはSEOに有利か?|SEOラボ

おすすめ独自ドメイン取得サイト4選!

その独自ドメインを取得するには、ドメインを販売しているサイトから購入するのが簡単です。
おすすめの順に紹介していきますね^^

お名前.com
ドメイン販売界隈で一番有名といっても良いサイト。
扱うドメイン数が他に比べて圧倒的に多い。
迷ったらここ!といってもいいくらい有名

ムームードメイン
格安レンタルサーバーのロリポップを運営しているペポパのドメインサービス。
そのため、ペポパが運営するレンタルサーバのロリポップやヘテムル、グーペとの連携に優れている

バリュードメイン
GMOデジロック株式会社が運営しているサービス。
無料でホームページを開設したい方は、無料レンタルサーバのXREA(エクスリア)を利用すると費用を安く抑えられます^^

FC2 ドメイン
ブログも開設できるFC2ドメイン。
他のサービスに比べて更新費用が安く設定されている。
長期間利用するなら、更新費用が安いFC2ドメインという選択肢もあり!

レンタルサーバによってはキャンペーンで独自ドメイン取得も!

レンタルサーバを借りてるサイトで、無料のドメインを提供しているものもあります。
例えば、Xサーバやさくらサーバは、キャンペーンで独自ドメインを無料提供しているときがあります。
そのため、レンタルサーバを提供しているサイトで、タイミングが合えば割安で独自ドメインを取できます。
ただし、注意が必要なのが更新料です!
無料で提供している場合は、1年間の利用がほとんどです。
2年目になったら、ドメインを使い続けるために更新料を支払います。
この更新料が、他のサイトよりも割高になっている場合がありますので注意してください!

まとめ

最後までご覧頂きありがとうございます^^

今回はWordPressを導入する際の、ドメインの取得についての話でした。
レンタルサーバを利用するには、独自ドメインかサブドメインが必要となります。
独自ドメインが有料の場合がほとんどで、サブドメインは無料の場合が多いです。
しかし、サブドメインだと他のブログが自分のブログに影響を与える、サブドメインを管理している運営会社から、自分のブログを容易に閉鎖できるというリスクがあります。
独自ドメインの場合は、ブログのデータがあれば、別のレンタルサーバに移管することでブログを続けることができます。
ブログ運営の参考にして頂けると嬉しいです^^

それでは、なぎ(@lifenagi)でした!

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました